2014年4月6日WIN5結果

Date:2014/04/07  Category:Win5予想日記

先週のWIN5は3レース目まで穴馬の好走が続いて30万あった票数があっという間に700票まで削られてしまい、最終的に20票しか残りませんでした。高額配当の2千万円がつきました

後のWIN5予想の参考のためにも荒れたレースが続いた先週のWIN5の対象レースを振り返っていきましょう!

2014年4月6日WIN5結果

千葉日報杯【優勝馬:ジルコニア(7番人気)】

ジルコニアが逃げ切って勝利!

7番ジルコニアがハナに立ってスタート。道中他馬に先頭を譲らずに直線に入ってからも逃げ粘り、2着馬に1と1/4馬身をつけて逃げ切りVを飾りました。

勝馬のジルコニアはタイキシャトル産駒の牝馬7歳。2010年4月から1年ほど長期休養していましたが、2012年5月に復帰。10着以下に落ちることもありますが、好条件が揃った時には馬券に絡んでおり、穴馬としての素質充分な1頭です。

2戦前から手綱を取っている中舘騎手は「スタートが良かったです。好位から競馬をしてもいいと思っていましたが、ポンと出たので行きました。」とのこと。前走が2013年の5月とほぼ1年ぶりの出走でしたが久しぶりな感じがなかったとも話していました。

また、右回りのコースは相性が良いようなので、右回りのコースでのレースには要注意ですね。

マーガレットS【優勝馬:ダンツキャンサー(7番人気)】

ダンツキャンサーが逃げ粘って勝利!

内枠のダンツキャンサーがハナを切って縦長の展開となりました。長い直線に入って馬群がかたまりましたが先頭に立ってレースを進めたダンツキャンサーが逃げ粘ってさらにゴール前で脚を伸ばして勝利しました。

勝馬のダンツキャンサーはアドマイヤジャパン産駒で母父がサクラバクシンオーという血統の3歳牝馬。父は長距離適性、母父は短距離適性がありますが同馬の成績を見ると、1400mで5戦2勝、1600mでは最高10着、1200mは最高5着で今のところ1400mでのレースに適性があるようです。

今回初騎乗だった藤田騎手は「1400mならハナに行けます。怖がりなタイプで、行き切れたのが良かったようです。」とコメント。レース中に落鉄していたようですが、走りきって1着を取っていることからかなり根性のあるタイプみたいですね。まだ3歳馬ですし今後も1400mのレースで気をつけておきたい1頭です。

伏竜S【優勝馬:ランウェイワルツ(8番人気)】

ランウェイワルツがクビ差の勝利!

重馬場のダートコースでハナを切っていったのは10番ポメグラネイト。道中では馬群固まって4コーナーを回ります。直線に入り飛び出したのは6番ロワジャルダン。しかし、直線で外から脚を伸ばしたランウェイワルツがゴール寸前でロワジャルダンを捉えてクビ差をつけて勝利しました。

勝馬のランウェイワルツはゴールドアリュール産駒の3歳牡馬。元は地方競馬で活躍していましたが2013年11月にJRAに転入。転入してすぐポインセチア賞で優勝してオープン戦にあがってきました。オープン戦2レースでは掲示板を逃す結果で成績が落ち込んでいましたがここで盛り返してきました。

今回騎乗したのは戸崎騎手。ポインセチア賞で手綱を取っていたのも戸崎騎手だったので、今後も戸崎騎手とコンビを組んで出走していたら要注目です。

産経大阪杯【優勝馬:キズナ(2番人気)】

キズナがダービー馬らしい貫禄を見せて優勝!

外枠から先頭に立ったのは8番カレンミロティック。それに3番トウカイパラダイス、6番ビートブラックの3頭とその他の馬で2つに馬群が割れてレースが進みました。しかし、4コーナーを回って後続の馬が追い上げてきてたちまち先頭勢は馬群に呑まれました。1番人気エピファネイアが先に仕掛けたように見えましたが外からキズナがグングンと末脚を伸ばし、ダービー馬らしく貫禄を感じる勝ち方をしてみせました。

勝馬キズナはご存知昨年のダービー馬で海外でもニエル賞優勝、凱旋門賞4着と外国馬相手でも健闘しています。古馬になっても重賞レースでは注目の的であることに変わりはないみたいですね。

主戦の武豊騎手は「自分のタイミングで仕掛けたら直線はキズナらしい脚を使ってくれました。」とコメント。自分のペースを保って一番後ろからの競馬になったとも話していて、馬と騎手の息もピッタリ合っていたようです。キズナはもちろんですが2着に入ったトウカイパラダイスにも今後は注目しておきたいですね。

ダービー卿TC【優勝馬:カレンブラックヒル(4番人気)】

カレンブラックヒルが大混戦の中クビ差で勝利!

ハナを切っていったのはカレンブラックヒル。しかし、途中で白い馬体の芦毛馬トリップが先頭を譲ります。トリップを先頭にそのまま直線へ。直線に入ってすぐはトリップが粘るかと思われましたが、急に失速。代わりに後続から追い上げていた馬群が一斉にゴールに飛び込みました。その馬群の先頭にいたカレンブラックヒルが2着馬をクビ差で抑えて勝利しました。

勝馬のカレンブラックヒルはダイワメジャー産駒の5歳。重賞のマイル戦に出走し続けてはいますが、2012年の天皇賞(秋)から馬券に絡む活躍は見られておらず、ここで久々の重賞Vを飾りました。

主戦を務めている秋山騎手は「ハナに行ってもと思いましたが、早めに来る馬がいたので自分のペースで控えました」とコメント。道中他馬に先頭を譲ったのはこういう理由だったみたいです。調子が戻ってきているとのことなので、これからの重賞レースでの活躍に期待しておきましょう!

管理者の一言

4月6日のレースは雨の影響で重馬場になっていたため、馬場適性のある穴馬が好走したために荒れたようですね。また、キズナ以外は先頭に立ってレースができる逃げ馬・先行馬が勝っているため、今後も同じコースで重馬場の場合は脚質に気をつけておいた方が良さそうです。

さて、今週はいよいよ桜花賞!データで抜けがないように今週も傾向を出したいと思います。ぜひ週末も参考にご覧ください!

WIN5予想!!的中くん

WIN5予想サイト

  • ACTIVE
  • BestRecord
  • First
的中くんおすすめWIN5予想サイト

的中くんおすすめ
WIN5予想サイト

WIN5的中の助けとなること間違いなしのWIN5の無料情報を提供している競馬予想サイトをまとめてみました!
参考にしてみてください。

WIN5予想サイトの詳細をCHECK!!
的中くん

的中くん厳選!!
予想サイトRANKING

的中くんが実際に利用して”稼ぐことができた”、”使える情報を公開していた”と手応えを感じることができた予想サイトも当サイトをランキング形式で紹介しています!

予想サイトRANKINGをCHECK!!

about
的中くん

WIN5で億万長者を夢見る方を応援するサイトです。

決められたレースで1着を選ぶだけの簡単な予想に思えるWIN5は、すべてのレースを当てることが非常に難しく素人業では当てることができる確率は天文学的数字になります。当サイトは、どんな方にもWIN5を当てる可能性が広がるためのお手伝いをさせていただき、また、一緒に予想を楽しむために役にたつ情報を提供します。

CHARACTER

的中くん

的中くん

うまです

うまです

???

???